3つのNOTの壁を越えブログからクライアント獲得する方法

3つのNOTの壁 Webライティング

あなたは自分が書いたブログは読者に読んでもらえると思い込んでいませんか?

しかし、実際にはあなたのブログは読まれません。

コピーライティングの世界でよく言われていることですが、ブログや広告、販売ページなどを読む人の前には、3つのNotの壁が存在します。

それは、

  1. 読まない:Not Read
  2. 信じない :Not Belive
  3. 行動しない:Not Act

という3つのNOTの壁です。

コーチのあなたにとってこの3つの壁を越えなければブログからクライアントを獲得することはできません。

なぜなら、ブログを読んでもらい、内容に納得してもらい、行動(メルマガ登録、体験コーチングの申込みなど)を起こしてもらわなければビジネスにならないからです。

そこで今回は、あなたのブログの前に立ちはだかるこの3つのNOTの壁を越える方法について詳しく解説します。

ぜひ最後まで読んで頂ければ幸いです。

1. 読まない壁を越える|Not Read

3つのNOTの壁の中で最も大きな壁が「読まない壁」です。

なぜなら、最初の文章を読まれなければ、それ以降にどれだけ良い文章が書かれていたとしても読まれることはないからです。

そもそもあなたのブログはなぜ読まれないのでしょうか?

それは、あなたのブログが「読者の知りたい情報」ではなく、「自分の伝えたい情報」を書いているからです。

どれだけ文章が上手く良いことが書かれていようと、その内容が読者の知りたい情報でなければ読まれることはありません。

例えば、あなたが貴重な時間を割いてまでしてこの記事を読んでくれているのは、この記事があなたの知りたい情報だからではないでしょうか?

もしこの記事が、美味しいパスタソースの作り方について書かれた記事なら、あなたはこの記事を読んではくれなかったはずです。

あなたのブログが「読まない壁」を越えるためには、読者に対して「これは私のために書かれたブログだ!」と、ドンピシャに感じてもらえる記事を書かなければなりません。

具体的には以下の4つのステップを踏むことで、あなたは読まない壁を越える記事を書くことができます。

  1. 読んで欲しい読者を明確にする
  2. 読者の知りたい情報を明確にする
  3. 読者の知りたい情報だけを書く
  4. 読者の興味を惹くタイトルにする

一つずつ詳しく説明します。

1-1. 読んで欲しい読者を明確にする

「読まない壁」を越えるための最初のステップは、あなたがブログを誰に向けて書くのかを明確にすることです。

もしあなたが誰にでも受け入れられるようなブログを書いたとしたら、あなたのブログは誰にも読まれないでしょう。

なぜなら、「誰にでも受け入れられる」⇒「中途半端な記事になる」⇒「誰にも共感されない」ということになるからです。

ブログを確実に読んでもらうためには、読んで欲しい読者を特定し、ただひたすらその読者のためだけにブログを書くことです。

理想のお客様だけを引き寄せるペルソナ戦略
あなたは自分のお客様が誰か知っていますか?お客様を明確にしなければビジネスは始まりません。この記事はあなたの理想のお客様を明確にすることができます。

1-2. 読者の知りたい情報を明確にする

読者が決まれば次はその読者が何を知りたがっているのかを調べます。

具体的には、読者の抱えている悩みや問題、叶えたい願望は何かを丁寧に調べていきます。

読者のニーズは、あなたの憶測や仮説で決めるのではなく、必ず読者の中から見つけるようにしましょう。

お客様のニーズとライバルコーチを効率良くリサーチする方法
クライアントを獲得するには、お客様のリサーチと競合のリサーチを行うことが必須です。この記事はその両方を効率良くリサーチできる方法について詳しく解説しています。

1-3. 読者の知りたい情報だけを書く

「誰に」、「何を」、が決まれば後は記事を書くだけですが、注意すべき点は、読者の知りたい情報だけを書くということです。

読者の集中力を途切れさせず、記事を最後まで読んでもらうには、読者の知りたい情報以外は余計なことは一切書かないことです。

また、記事を書くときは、自分の知識をひけらかすような書き方はせず、分かりやく丁寧に書くように心掛けましょう。

コーチのマーケティングに必須のWebライティングテクニック
Webマーケティングを行うコーチにとって、Webライティングの技術は必須です。この記事はコーチに必要最低限のWebライティングテクニックを学ぶことができます。

1-4. 読者の興味を惹くタイトルにする

「読まない壁」を越えるために最も注力するべきことは「タイトル」です。

なぜなら、タイトルで読者の興味を惹かなければその時点で終わり、本文までは読み進めてはもらえないからです。

よって、タイトルを見ただけで、読者にブログを読むことで得られるメリットが一目で伝わるようにしましょう。

読まれるブログタイトルをつくる4つのポイントとテクニック
読まれるブログをつくる上で最も重要なことはタイトルです。この記事はタイトルを考える上で押さえるべき4つのポイントと今すぐ使える実践テクニックを解説しています。

ここまでの4つのステップを踏めば、あなたのブログは必ず「読まない壁」を越えることができます。

2. 信じない壁を越える|Not Belive

「読まない壁」を越えたとしても、あなたには「信じない壁」が待ち受けています。

人はたとえそれが自分にとって役立つ内容であると認識しても、基本的には疑いを持ちながら文章を読んでいます。

あなたの文章が読まれたとしても、その内容を読者に信じてもらわなければそこで終わってしまいます。

ではどうすれば読者にあなたの書いた文章を信じてもらえるのでしょうか?

それは、以下の文章を書くことです。

  • 一貫性のある文章
  • 具体的な文章

一つずつ詳しく説明します。

2-1. 一貫性のある文章

一貫性のある文章を書くには、自分の発言に自信と責任を持つことです。

文章を書くときに誰もが陥ってしまうのは、「こんなことを書けば批判されるかもしれない・・」という感情に囚われてしまうことです。

その結果、誰からも好かれようとする中途半端なメッセージを書いてしまいます。

少し想像してみて欲しいのですが、あなたが誰かのブログを読むとき、読者に媚びるような文章から、学びや気付きを得ることが出来ますか?

それよりも少々強引でも歯に着せぬ物言いをされた方が、その人からの自信が伝わり信用できるのではないでしょうか?

当然、好き嫌いのどちらかに分かれてしまいますが、それでいいのです。

あなたは誰からも好かれるような記事を書く必要などありません。

いいえ、そんな記事を書いてはいけないのです。

あなたは自分のターゲットとする読者にだけ突き刺さるメッセージを書かなければなりません。

人に批判されることや嫌われることを恐れず、自信と責任を持って書くことで、一貫性のある文章は生まれるのです。

2-2. 具体的な文章

具体的な文章にするには、あなたの主張の裏付けとなる「根拠」や「証拠」を提示することです。

例えば、「データ、資料、過去の実績、実験結果、論文、引用、スクリーンショット」など、目に見える証拠を提示することです。

他にも、 「お客様の声、権威者の意見、人気ランキングの結果、Facebookページの「いいね」の数、Twitterのフォロワー数、ブログやメルマガの読者数など」があります。

人は他人の行動を参考にして自分の行動を決めるという性質を持っています。

これを「社会的証明の原理」と言います。

この原理を示す有名な実験があります。

ある一人のスタッフが人混みの中で立ち止まり1分間空を眺めます。

通行人は彼のことを気にも留めずに通り過ぎて行きます。

今度は空を眺めるスタッフの数を4人に増やします。

すると、一緒に空を見上げる通行人の数が4倍に増えたというものです。

この原理は私たちの生活のあらゆる場面で起こっています。

例えば、行列ができているお店を見たら、「この店は並んででも食べたいくらい美味しいのだろう」と勝手に想像したり、この商品は残りわずかです!と店員に言われれば、「そんなに売れてるなら良いものなのだろう」と疑うことなく商品を手に取ります。

このように、人は行動を起こす人が多ければ多いほど、その行動は正しいものとして認識します。

「信じない壁」を越えるためには、人間心理などを上手に利用し、読者の信用を得る文章を書きましょう。

3. 行動しない壁を越える|Not Act

「信じない壁」を越えると、最後に立ちはだかるのは「行動しない壁」です。

あなたがブログを書く理由は、最終的に読者をクライアントに変えることです。

どれだけ文章を読んでもらえても、どれだけ文章を信じてもらえても、「いやぁ、とても役立つ内容で勉強になった・・」で終わってしまえば意味がありません。

ブログを読んだ後に、あなたが読者に起こして欲しい行動(メルマガ登録、体験コーチングの申込みなど)を起こしてもらわなければ、ビジネスにつながりません。

ではブログを読んでもらい、さらに内容を信じてもらい、最後に読者に行動してもらうためには何が必要なのでしょうか?

それは、以下の2つです。

  • 行動する明確な理由
  • 今すぐ行動する理由

一つずつ詳しく説明します。

3-1. 行動する明確な理由

当たり前のことですが、人が行動するのは行動する理由があるからです。

人が行動する理由は基本的には以下の2つしかありません。

  • 快楽を得るため
  • 苦痛から逃れるため

例えば、ダイエットを想像してみて欲しいのですが、 健康的でスリムな体型を手に入れるためには、食事制限と運動をしなければなりません。

しかし、ほとんどの人がそれを分かっていながら食事制限も運動もしません。

なぜなら、食べたい物や飲みたい物を我慢することや、つらい運動をすることは「快楽」ではないし、今の時点で絶対に痩せなければいけないのかというとそうでもないからです。

しかし、健康診断の結果、このままの状態では大きな病気の発症リスクを高める可能性があるので、今すぐ食生活の改善と適度な運動をするようにと医者から強く指導されたらどうでしょう?

すぐに食事制限と運動を始めるのではないでしょうか。

なぜなら病気になるかもしれないという「苦痛」から逃れるためです。

あなたが読者に行動を起こしてもらうには、その行動を起こすことで読者が求めている「快楽」を得られるか、抱えている「苦痛」から逃れることができるということをしっかり伝えましょう。

3-2. 今すぐ行動する理由

人はいつでも簡単に手に入るものより、希少性のあるものの方が今すぐ手に入れたいという心理が働きます。

その代表的なものが以下の2つです。

  • 期限があること
  • 限定であること

この機会を逃してしまうと二度と手に入らないかもしれないという心理は、読者の今すぐ行動を起こす決断をさせます。

例えば、

  • 「○月○日までにメルマガ登録して頂いた方には無料プレゼントを進呈します。」
  • 「只今先着5名様限定で60分無料体験コーチングの申込み受付をしています。」

このように、期限や限定を設けることで、希少価値が高まり、読者に今すぐ行動を起こさなければという気持ちにさせます。

「行動しない壁」を越えるためには、読者が行動せざるを得ないような理由を明確に提示しましょう。

まとめ

さていかがだったでしょうか?

おさらいですが、あなたのブログが3つのNOTの壁を越えるには、

  • 「読まない壁」を越える:読者のニーズに応える記事である
  • 「信じない壁」を越える:記事の内容が読者を納得させるものである
  • 「行動しない壁」を越える:読者が行動したくなる明確な理由がある

以上のポイントを押さえて記事を書くことで、あなたはブログからクライアントを獲得することができるようなります。

今回の記事があなたのお役に立つことを願っております。

Webライティング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
コーチ塾

コーチ塾はコーチの、コーチによる、コーチのための情報メディア。コーチングビジネスを成功させる知恵を発信しています。

コーチ塾をフォローする
コーチ塾をフォローする
コーチ塾|無料EBook

あなたは、「お客様にコーチに選んでもらうために何をすればいいか分からない・・」と悩んでいませんか?

本書は、現役で活躍するトップコーチが実践実証する、クライアントを安定的に獲得し、10年先までプロコーチで活躍できる方法を学ぶことができます。

内容は、私が実際にコーチングビジネスの世界を戦う中で身に付けた『心・技・体』を体系化したもので、三部作総計142ページにも及び、詳しく解説しています。

是非、あなたのコーチングビジネスにご活用下さい。

コーチ塾

コメント