初心者のためのGoogleサーチコンソールの登録と使い方

Googleサーチコンソール アクセス解析

もしあなたがWebサイトを運営しているなら、Googleサーチコンソールを活用することは必須です。

なぜなら、あなたのWebサイトがGoogleからどのように評価されているのかを把握することができるからです。

それにより、SEO対策やサイトの問題点を改善し、あなたのWebサイトを最適化させることできます。

そこで今回は、まだGoogleサーチコンソールを活用していないWeb初心者のために、登録から基本的な使い方までを詳しく解説します。

ぜひ最後までお読み頂ければ幸いです。

1. Googleサーチコンソールとは?

Google Search Consoleは、Google検索結果でのサイトパフォーマンスを監視、管理できるGoogleの無料サービスです。自分のサイトがGoogle検索結果に表示されるようにするためにSearch Consoleに登録する必要はありませんが、登録して頂くとサイトがGoogleにどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

Search Console ヘルプ

Googleサーチコンソールは、サイトを運営する上で非常に重要なデータを無料で知ることができるツールなので必ず登録しておきましょう。

2. Googleサーチコンソールで確認できること

Googleサーチコンソールで確認できる項目は以下の通りです。

  • Googleからのメッセージ
  • 検索での見え方
    • 構造化データ
    • リッチガード
    • データハイランダー
    • HTMLの改善
    • Accelerated Mobile Pages
  • 検索トラフィック
    • 検索アナリティクス
    • サイトへのリンク
    • 内部リンク
    • 手動による対策
    • インターナショナルターゲッティング
    • モバイルユーザビリティ
  • Googleインデックス
    • インデックスステータス
    • ブロックされたリソース
    • URLの削除
  • クロール
    • クロールエラー
    • クロールの統計情報
    • Fetch as Google
    • robots.txt テスター
    • サイトマップ
    • URLパラメータ

3. Googleサーチコンソールの登録手順

ではここから、Googleサーチコンソールの登録手順について詳しく解説していきます。

①Googleアカウントでログインする

まずGoogleアカウントでGoogleサーチコンソールにログインする。

Googleアカウントをお持ちでない方はまずGoogleのアカウントを取得し下さい。

Googleアカウントを取得する手順はこちらをご覧ください。

Googleサーチコンソール:ログイン

②ログイン後、「プロパティを追加」をクリック➝「WebサイトのURL」を入力する➝「追加」をクリック。

サーチコンソールの登録:プロパティを追加

③「別の方法」タブをクリック➝「HTML」タグにチェックを入れる。

④「HTMLタグ」をコピーする。

サーチコンソール:メタタグコピー

⑤WordPressにログインし、ダッシュボードの「外観」をクリック➝「テーマの編集」をクリック➝「テーマヘッダー(header.php)」をクリック。

⑥先ほどコピーしたメタタグを</head>の直前に張り付ける➝「ファイルを更新」をクリックする。

⑦Googleサーチコンソールに戻り、「確認」をクリックする。

⑧「所有権が確認されました」とメッセージが表示される➝「続行」をクリックする。

サーチコンソール:登録完了

これでGoogleサーチコンソールの登録は完了です。

4. Googleサーチコンソールで確認すべき4つの項目

前述した通り、Googleサーチコンソールは様々なデータを確認することができますが、初心者は以下の4つの項目を押さえましょう。

  • Googleからのメッセージ
  • 検索アナリティクス
  • リンク
  • クロール

4-1. Googleからのメッセージを確認する

Googleサーチコンソールに登録すると、Googleから様々なメッセージが届くようになります。

例えば、サイトを最適化するためのアドバイスや、サイトの不具合に関すること、ペナルティを受けているなどのメッセージです。

そのメッセージに従うことで、あなたのサイトを最適化することができます。

4-2. 検索アナリティクスを確認する

検索アナリティクスは、Google検索エンジンの検索結果に、あなたのサイトがどうあったかを調べることができます。

具体的には、以下のことを確認します。

  • 検索結果に表示されたキーワード
  • キーワードの検索順位
  • キーワードがクリックされた回数
  • キーワードのクリック率
  • ページ毎の掲載順位

これらを確認することで、狙ったキーワードの検索順位、サイトへの訪問数を把握することができるので、例えば、検索順位が上位であるにもかかわらずサイトへの訪問が少ない場合には、タイトルやメタディスクリプション(サイトの説明文)を改善する必要があるということです。

検索アナリティクスの確認方法は、①ダッシュボードの「検索トラフィック」をクリック➝②「検索アナリティクス」をクリック➝③「クリック数」、「表示回数」、「CTR」、「掲載順位」にチェックを入れるとデータを確認することができます。

サーチコンソール:検索アナリティクス

4-3. リンクを確認する

Googleアナリティクスは、あなたのサイトに張られた外部被リンクと、内部被リンクの状況を確認することができます。

外部被リンク

外部被リンクは、外部サイトからあなたのサイトに張られたリンクのことです。

「リンク数の多いリンク元」と、「多くリンクされているコンテンツ」を確認することができます。

外部被リンクの数や質は、SEOの評価に非常に大きな影響を与えます。

ただし、不正なリンクはGoogleからペナルティを受ける可能性があるので注意が必要です。

外部被リンクの確認方法は、①ダッシュボードの「検索トラフィック」をクリック➝②「サイトへのリンク」をクリックで確認することができます。

内部被リンク

内部被リンクは、自分のサイト内に張るリンクのことです。

関連記事同士をリンクさせることで、ユーザーのサイト内回遊率を上げることや、クローラーにサイト内を巡回させることができます。

ただし、不自然なリンク、不要なリンクはSEOに悪影響を与えるので削除しましょう。

内部リンクの確認方法は、①ダッシュボードの「検索トラフィック」をクリック➝②「内部リンク」をクリックで確認することができます。

4-4. クロールを確認する

クロールとは、クローラーと呼ばれるロボットが、インターネット上にあるWebサイトを巡回して情報収集することを言います。

そして、クローラーが集めた情報がGoogleに通知されることによって、Webサイトは検索結果に表示されるようになります。

つまり、あなたのWEbサイトを検索結果に表示させるためには、適切にクロールされなければならないということです。

Googleサーチコンソールは、Webサイトが正しくクロールされているかどうかを確認することができます。

クロールエラー

Googleサーチコンソールは、クロールエラーを通知してくれます。

クロールエラーはそのまま放置していると、Googleからの評価を下げてしまう可能性があるので、速やかに対処する必要があるます。

クロールエラーを確認する方法は、①ダッシュボードの「クロール」をクリック➝②「クロールエラー」をクリック➝③エラーのあるページにある「URL」をクリック➝④「リンク元」をクリックして確認、修正➝⑤「修正済み」をクリック。

Fetch as Google

クロールエラーを修正しても、修正されたページがクロールされなければ検索結果に反映されません。

そこで、Fetch as Googleという機能を使ってクロールの申請を行います。

クロールの申請方法は、ダッシュボードの「クロール」をクリック➝「Fetch as Google」をクリック➝「修正したページのURL」を入力する➝「取得」をクリック。

サーチコンソール:Fetch as Google

これにより、瞬時にページがクロールされます。

まとめ

さていかがだったでしょうか?

これであなたもGoogleサーチコンソールを利用できるようになります。

Googleサーチコンソールは、Webサイトを運営する上で必須のツールです。

あなたのサイトを最適化するためにもぜひ登録しましょう。

今回の記事があなたのお役に立てること願っております。

アクセス解析
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
コーチ塾

コーチ塾はコーチの、コーチによる、コーチのための情報メディア。コーチングビジネスを成功させる知恵を発信しています。

コーチ塾をフォローする
コーチ塾をフォローする
コーチ塾|無料EBook

あなたは、「お客様にコーチに選んでもらうために何をすればいいか分からない・・」と悩んでいませんか?

本書は、現役で活躍するトップコーチが実践実証する、クライアントを安定的に獲得し、10年先までプロコーチで活躍できる方法を学ぶことができます。

内容は、私が実際にコーチングビジネスの世界を戦う中で身に付けた『心・技・体』を体系化したもので、三部作総計142ページにも及び、詳しく解説しています。

是非、あなたのコーチングビジネスにご活用下さい。

コーチ塾

コメント