WordPressの投稿方法を初心者向けに図解で解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
WordPressの投稿方法を初心者向けに図解で解説

WordPressをサーバーにインストルールし、基本的な設定を行ったら、いよいよ記事を投稿します。

WordPess初心者にとって、記事の投稿方法は少々ややこしい箇所があり、戸惑うこともあるでしょう。

そこで今回はWordPressの投稿方法について詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお読み頂ければ幸いです。

1. 新しい記事を投稿する

1-1. 「投稿」から「新規追加」をクリックする

メインナビゲーションにある「投稿」にマウスオーバーすると、サブメニューが表示されるので、「新規追加」をクリックします。

WordPress投稿

1-2. 「新規投稿を追加」の画面が表示される

新規投稿

1-3. 記事のタイトルを入力する

WP投稿タイトル

1-4. パーマリンクの編集

タイトルを入力するとパーマリンクは自動でタイトルがそのまま使用されます。

投稿タイトルパーマリンク

このままでは記事のURLが日本語のままになるので、タイトルはそのままでパーマリンクだけを任意の文字列に編集することができます。

編集はパーマリンクの右側にある「編集」をクリックします。

編集をクリックすると、タイトルの部分を編集することができます。

変更したい文字を削除して新しい文字を入力したら「OK」をクリックします。

ここでは例として、「new-permalink」と記入しています。

新しいパーマリンクが設定されます。

1-5. 本文を入力する

画面の中央にあるエディタに本文を記述します。

1-5-1. 「ビジュアルエディタ」と「テキストエディタ」違い

エディタの右上にあるタブで「ビジュアル」と「テキスト」に切り替えることができます。

ビジュアルは、入力した文字が実際の記事でどのように表示されるかを確認しながら執筆することができます。

例えば、以下のように表示されます。

テキストの場合は、入力した文字がHTMLタグで表示されます。

例えば、以下の通りです。

「ビジュアル」と「テキスト」のどちらで入力しても、記事の投稿に反映される内容は変わらないので、必要に応じて切り替えて下さい。

1-5-2. 本文に画像を挿入する

エディタの左上にある「メディアの追加」をクリックする。

メディアを追加画面が開きます。

画像は、新しく画像をアップロードする「ファイルアップロード」と、既にアップロードしてある画像を使用する「メディアライブラリ」が選択できます。

新しく画像をアップロードする場合は、「ファイルをアップロード」するクリックし、ファイルを選択をクリックする。

画像を選択し、アップロードできたら、投稿に挿入をクリックする。

すると、以下の通り本文に画像が挿入されます。

既にアップロードしてある画像を使用する場合は「メディアライブラリ」をクリックすれば、アップロードされている画像の一覧が表示されるので、選んで「投稿に挿入」をクリックする。

1-5-3. 記事の「プレビュー」

記述した本文がWeb上でどのように表示されるかを確認したい場合は、エディタの右上のある「プレビュー」をクリックします。

以下のように投稿を確認することができます。

1-5-4. 記事の「下書きとして保存」

記述した本文を投稿せずに下書きとして保存したい場合は、エディタの右上にある「下書きとして保存」をクリックします。

保存した下書きは、投稿一覧に保存される。

1-5-5. 記事を編集する

下書き保存した記事を編集する場合は、メインナビゲーションの「投稿」をマウスオーバーし、サブメニューから「投稿一覧」をクリックします。

投稿の一覧画面が表示されるので、編集したい記事を選択し、タイトルをマウスオーバーし、「編集」をクリックする。

投稿の編集画面が表示されるので、記事を編集できるようになります。

記事の編集を終えたら忘れず「下書きとして保存」するか、「更新」をクリックして下さい。

1-5-6. クイック編集

記事の編集は「編集」の他に、「クイック編集」という方法があります。

投稿一覧から編集したい記事を選択し、タイトルをマウスオーバーし、「クイック編集」をクリックする。

クイック編集画面が表示されます。

クイック編集で編集できるのは、「タイトル」、「日付」、「カテゴリー」などの一部が編集できます。

本文を編集したいときは前述した「編集」で行って下さい。

編集が終わったら「更新」をクリックするのを忘れないで下さい。

1-5-7. 記事を公開する

作成した記事を投稿するには、エディタの右上にある「公開」をクリックします。

公開した記事を確認する場合はエディタの左上にある「投稿を表示」をクリックします。

 

実際に投稿された記事が確認できる。

1-5-8.記事を削除する

記述した記事を削除したい場合は、エディタの右上の「ゴミ箱に移動」をクリックする。

ゴミ箱に移動された記事は、投稿一覧の左上にある「ゴミ箱」の中に移動します。

「ゴミ箱」をクリックしたら、ゴミ箱の画面に入るので、Wordpressから完全に削除したい場合は、タイトルにマウスオーバーし、サブメニューから「完全に削除する」をクリッックすると削除されます。

但し、これを実行すると完全に記事が削除され、元に戻せなくなるので注意して下さい。

また、ゴミ箱に移動せた記事を戻したい場合は、「復元」をクリックすると、再び投稿一覧に保存されます。

1-5-9. 予約投稿

記事の投稿は、デフォルトでは「すぐに投稿する」になっていますが、日時を指定して予約投稿することもできます。

予約投稿するには、エディタの右上の「すぐに公開する」の横にある編集をクリックします。

記事を公開する日時が設定できる画面が表示されるので、指定したら「OK」をクリックする。

すると、「公開」が「予約投稿」に変わるのでクリックすると、指定した日時に公開されます。

1-5-10. 記事を非公開にする

デフォルトの状態では、公開状態が「公開」になっています。

公開した記事を非公開にしたい場合は、公開状態の「公開」の横にある編集をクリックする。

非公開を選択して「OK」をクリックする。

公開状態が「非公開」に設定されます。

1-5-11. 記事に閲覧制限のパスワードを設定する

特定の記事だけにパスワードを設定して、閲覧制限を設けることができます。

公開状態の公開の「編集」をクリックします。

パスワード保護を選択肢し、記事に設定するパスワードをテキストボックスに入力して「OK」をクリックします。

公開状態が「パスワードで保護されています」に設定されます。

パスワードを設定した記事はWeb上では以下のように表示されます。

2. カテゴリーの設定

2-1. カテゴリー設定画面からカテゴリーを設定する方法

ここではカテゴリー画面からカテゴリーを設定する方法を解説します。

2-1-1. メインナビゲーションの「投稿」にマウスオーバーし、サブメニューの「カテゴリー」をクリックする

2-1-2. カテゴリ―の設定画面が開く

2-1-3. 新しいカテゴリーを追加する

左側にある「新規カテゴリーを追加」にある「名前」、「スラッグ」、「親カテゴリー」、「説明」を入力し、新規カテゴリーを追加をクリックする。

名前にはカテゴリー名を記入、スラッグにはパーマリンク形式で表示する場合や、カテゴリー一覧のページを表示する場合などにURLの一部ととして使用するので、半角英数とハイフンを使用します。

親カテゴリーは、階層構造を持つことができます。説明はカテゴリーの説明を記入します。

2-1-4. 新しいカテゴリーが追加される

2-2. 投稿ページからカテゴリーを設定する方法

ここでは投稿ページからカテゴリーを設定する方法について解説します。

2-2-1. エディタの右側にあるカテゴリー一覧の中から選んでチェックを入れる

2-2-2. 新規カテゴリーを追加する

カテゴリー一覧の下にある「新規カテゴリ―を追加」をクリックします。

2-2-3. 新しく作成するカテゴリ―をテキストボックスに入力する

必要な場合は、「親カテゴリー」を選択肢、新規カテゴリ―追加をクリックします。

2-2-4. 新規カテゴリ―が追加される

2-2-5. Web上では以下のようにカテゴリ―が表示される

3. タグの設定

3-1. タグ設定画面からタグを設定する方法

3-1-1. メインナビゲーションの「投稿」にマウスオーバーしてサブメニューの「タグ」をクリックする

3-1-2. タグ設定画面が開く

3-1-3. 左側にある「新規カテゴリーを追加」にある「名前」、「スラッグ」、「説明」を入力し、新規タグを追加をクリックする

名前にはタグ名を記入、スラッグにはパーマリンク形式で表示する場合や、タグ一覧のページを表示する場合などにURLの一部ととして使用するので、半角英数とハイフンを使用します。

説明はタグの説明を記入します。

3-1-4. 新しいタグが追加される

3-2. 投稿ページからタグを設定する方法

ここでは投稿ページからタグを設定する方法を解説します。

3-2-1. メインナビゲーションの「投稿」にマウスオーバーし、サブメニュー「新規追加」をクリックする

3-2-2. 投稿ページの右側

3-2-3. タグを追加する

タグのテキストボックスに名前を入力し、「追加」をクリックします。

3-2-4. タグが追加される

まとめ

さていかがだったでしょうか?

これでWordPressの投稿に関する基本的な作業はできるようになります。

少々戸惑う箇所はあるかも知れませんが、慣れてしまえば簡単に使いこなせるようになります。

今回の記事があなたのお役に立てることを願っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料EBook:選ばれるコーチ養成プログラム

あなたは、「お客様にコーチに選んでもらうために何をすればいいか分からない・・」と悩んでいませんか?

本書は、現役で活躍するトップコーチが実践実証する、クライアントを安定的に獲得し、10年先までプロコーチで活躍できる方法を学ぶことができます。

内容は、私が実際にコーチングビジネスの世界を戦う中で身に付けた『心・技・体』を体系化したものです。

コーチングを「売れる商品」に変える考え方
』クライアントを安定的に獲得できる仕組み
お客様が一瞬であなたをコーチに選ぶ伝え方

を、三部作総計142ページに渡って詳しく解説しています。

是非、あなたのコーチングビジネスにご活用下さい。


EBookをダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*