コーチのマーケティングに必須のWebライティングテクニック

Webライティング Webライティング

コーチがビジネスを行う上で身に付ける必要がある技術と言えば、Webライティングです。

なぜなら、ブログを読んでもらうことも、ランディングページなどで自分の商品を魅力的に紹介することも、すべてはWebライティングに懸かっているからです。

つまり、コーチにとってWebライティング力の有無は、クライアントの獲得に大きな影響を及ぼすことになるということです。

そこで今回は、コーチがマーケティングを行う上で欠かすことのできないブログに焦点を当て、Webで読まれる文章を書く技術について詳しく解説したいと思います。

ぜひ最後まで読んで頂ければ幸いです。

1. Webライティングとは?

Webライティングとは、Web上で公開するブログやサイトコンテンツなどの文章を、Webメディアの特性に合わせて書く技術のことです。

Webメディアの特性とは、簡単に言うとブログやサイトなどに訪れる人のほとんどが、Googleなどで検索した時にたまたま目に留まったのでやってくるということです。

雑誌や書籍などの紙媒体の場合は、はじめからこの本を読みたいと思って購入するため、読む人の意識が高い。

しかし、Webメディアの文章を読む人は、たまたま目に留まったのでとりあえず読んでみるという程度の意識しかないので、よほど興味の惹く文章でなければ読まれません。

ブログで集客を行うコーチにとって、文章が読まれないのは死活問題です。

よって、あなたはクライアント獲得するために、否が応でもWebライティングの技術を身に付けなければならないのです。

2. Webで読まれる文章を書く3つのポイント

Webで読まれる文章を書くポイントは以下の3つです。

  • 興味を惹く
  • 読みやすい
  • 行動を促す

一つずつ詳しく説明します。

2-1. 興味を惹く

Webで読まれる文章を書く上で最も重要なのは「タイトル」です。

文章が読まれるかどうかは、タイトルだけでほぼ80%が決まるといっても過言ではありません。

あなたのブログの訪問者のほとんどは、検索した流れでたまたま目にしたタイトルに興味を惹かれてやってきます。

と言うことは、ブログの中身を読んでもらうためには、読者が思わず読みたくなるような興味を惹くタイトルを用意する必要があるということです。

興味を惹くタイトルを考える上で押さえるべきポイントは以下の3つです。

  • ターゲットが明確である
  • 検索キーワードを入れる
  • ベネフィットが一瞬で伝わる

2-1-1. ターゲットが明確である

誰のために書かれたものかが一目見て分かるようなタイトルにすることで、読んで欲しい読者の興味を惹くことができます。

例えば、経営者がターゲットの場合、

  • 「社長のための欲しい人材が集まる会社のつくり方」
  • 「デキる部下を育てるためにリーダーがやるべき5つのコト」など。

2-1-2. 検索キーワードを入れる

通常我々がネットを利用して情報を得るときは、Googleなどの検索エンジンにキーワードを入力します。ブログのタイトルにターゲットが検索するキーワードを入れることでアクセスされやすくなります。

例えば、コーチで起業を考えている人がターゲットの場合、

  • 「コーチで起業して成功する人に共通する7つの特徴」
  • 「コーチで起業する前にチェックすべき10のこと」など。

キーワード選定についての詳しい情報を知りたい方は、キーワード選定の基本:コーチのブログを検索上位表示させる方法がお役に立ちます。

2-1-3. ベネフィットが一瞬で伝わる

読者にとって関心のあることは、自分にとって「得する情報」を得ることです。タイトルを見て一瞬でベネフィットが伝わるようにしましょう。

例えば、ダイエットがテーマの場合、

  • 「1日10分の運動で3ヶ月後に10キロ痩せるダイエット法」
  • 「太ももが2週間で-5cm細くなる美脚ストレッチ」など。

タイトルのつくり方についてより詳しい情報を知りたい方は、読まれるブログタイトルをつくる4つのポイントとテクニックがお役に立ちます。

2-2. 読みやすい

タイトルで興味を惹くことができたとしても、文章を最後まで読み進めてもらわなければ意味がありません。

そこで必要なのが、読者にとって読みやすく、内容が伝わりやすい文章を構成することです。

以下は、読みやすい文章のガイドラインです。

  • 効果的な見出しを配置する
  • 箇条書きで簡素化する
  • 具体的な文章を書く

2-2-1. 効果的な見出しを配置する

Webメディアは印刷物と違い、全体の内容が一目では捉えにくいという難点があります。

また、ブログなどの文章を読む人の多くは、流し読みしながら必要な情報だけを得ようとする特徴があります。

こういった問題を解決するのに効果的なのが、「見出し」の配置です。

以下の2つを見比べてみて下さい。

見出しを使うパターン

「良質な睡眠をとるための3つのコツ」

現代人の多くが睡眠障害に悩まされている。毎朝目覚めが悪くあまり寝た気がしない、昼間はボーっとして仕事に集中できない、休日は普段より多くの睡眠をとるが逆に体がダルくなってしまう・・など、あなたも同じような悩みを抱えているのではないだろうか? そこで今回は、良質な睡眠をとるための3つのコツをご紹介する。

①寝る3時間前に食事を済ませる
人間は食べたものを消化するのに3時間程度かかる。食べたものを消化するために体内では消化器官が働いているので、その間体は眠ることができないのだ。 また寝る前のアルコールは睡眠に入りやすくはするが、眠りが浅くなるので逆効果である。

②寝る前に体温を上げる
人は日中の活動時は体温が高く、夜の休息時に体温が下がるので眠くなる。この体温の高低差が大きければ大きいほど、眠気を強感じ深い睡眠をとることができるのだ。 そこで寝る前にシャワーを浴びたり、軽くストレッチなどをして体を温めると、体温を下げようとする働きで眠気を感じるというわけだ。

③寝室の光を調節する
人間の目にはセンサーがあり、光の量が減ることによってメラトニンというホルモンが分泌される。このホルモンの分泌に体が反応し、脈拍や体温を下げるのでだんだん眠くなる。 よって寝室はできる限り真っ暗にして寝ることが理想だ。テレビやパソコンをつけたまま寝たり、寝ながらスマホなどはしないように心掛けよう。

見出しを使わないパターン×

「良質な睡眠をとるための3つのコツ」

現代人の多くが睡眠障害に悩まされている。毎朝目覚めが悪くあまり寝た気がしない、昼間はボーっとして仕事に集中できない、休日は普段より多くの睡眠をとるが逆に体がダルくなってしまう・・など、あなたも同じような悩みを抱えているのではないだろうか? そこで今回は、良質な睡眠をとるための3つのコツをご紹介する。

一つ目は寝る3時間前には食事を済ませること。人間は食べたものを消化するのに3時間程度かかる。食べたものを消化するために体内では消化器官が働いているので、その間体は眠ることができないのだ。また寝る前のアルコールは睡眠に入りやすくはするが、眠りが浅くなるので逆効果である。

二つ目は寝る前に体温を上げる。人は日中の活動時は体温が高く、夜の休息時に体温が下がるので眠くなる。この体温の高低差が大きければ大きいほど、眠気を強く感じ深い睡眠をとることができるのだ。そこで寝る前にシャワーを浴びたり、軽くストレッチなどをして体を温めると、体温を下げようとする働きで眠気を感じるというわけだ。

三つ目は寝室の光を調節する。人間の目にはセンサーがあり、光の量が減ることによってメラトニンというホルモンが分泌される。このホルモンの分泌に体が反応し、脈拍や体温を下げるのでだんだん眠くなる。よって寝室はできる限り真っ暗にして寝ることが理想だ。テレビやパソコンをつけたまま寝たり、寝ながらスマホなどはしないように心掛けよう。

いかがでしょう?

まったく同じ文章でも見出しを配置するだけで、読みやすく、流し読みしても一目で大まかな内容が分かるようになります。

また見出しにもタイトル同様に読者の興味を惹くものにすればより本文の精読率は上がります。

2-2-2. 箇条書きで簡素化する

前述したように、Webメディアの読者の多くは知りたい情報だけをサクっと得たいと考えているので、ブログではダラダラと回りくどい表現は避け、必要な情報だけを端的に書かなければなりません。

しかし、テーマによっては情報量が多くなり、文章が長くなってしまうことはあります。

そういった場合の解決策が、「箇条書き」で文章を構成することです。

箇条書きで文章を構成するメリットは以下の通りです。

読み手側

  • 一つの文が短いので読みやすくなる
  • 文と文の関係が理解しやすくなる
  • 文全体を捉えやすくなる

書き手側

  • 一つの文が短く書きやすくなる
  • 文の修正がしやすくなる
  • 文と文の入れ替えがしやすくなる

ちなみに、上記のような書き方が最も基本的な箇条書き形式になります。

2-2-3. 具体的な文章を書く

読まれるブログとは、読者にとって役立つ情報が具体的で分かりやすく書かれているブログです。

一つひとつ詳しく丁寧に伝えることで、読者からの信頼を得ることができます。

具体的な文章を書く3つのポイント

  • 伝わる表現: 誰にでも理解できる表現にすること。専門用語を多用した文章は書き手の知識をひけらかすだけで、読者の負担になるだけなので注意しましょう。
  • 画像や図解で補足: 専門用語には補足説明すること。テーマによってはコンテンツが専門性の高い文章になってしまうことは避けられません。その場合は文章を補足説明するために画像や図解を用いると読者は理解しやすくなります。
  • 論より証拠: 目に見える証拠を提示すること。記事の内容に説得力を持たせるために、データ、資料、過去の実績、実験結果、論文、引用、スクリーンショットなどを用いることは読者からの信頼を得ることにつながります。

2-3. 行動を促す

コーチがブログを書く目的はクライアント(見込み顧客)を獲得することです。

そのためには読者に文章を読んでもらうだけではなく、行動を起こしてもらわなければなりません。

読者に起こしてもらう行動は主に以下3つです。

  • メールマガジンに登録してもらう
  • 体験コーチングに申し込んでもらう
  • ソーシャルメディアでシェアしてもらう

読者に上記の行動を起こしてもらうためには、コンバージョンボタン(メルマガ登録、体験コーチングの申込みフォームなど)の配置にも工夫する必要があります。

コンバージョンボタンの反応率を上げるための3つの施策

  • 記事直下に配置する: 記事を読み終えた直後の読者は、学習意欲が高まっているので、記事のすぐ下にコンバージョンボタンを配置するとクリック率は上がります。
  • クリックしたくなるキャッチコピー: 記事を読み終えた読者に、さらに詳しい情報があると分かるように、読者の欲求を刺激するキャッチコピーを用意することでコンバージョンの反応率を上げることができます。
  • 目立つボタン: 誰が見てもコンバージョンボタンであることが一目見て分かるように、ボタンは大きく目立つ色にすることでクリック率は上がります。

まとめ

さていかがだったでしょうか?

ブログで集客を行うコーチにとって、Webライティングを身に付けることは必須です。

おさらいですが、コーチが押さえるWebで読まれる文章を書くポイントは以下の3つだけです。

  1. 興味を惹く
  2. 読みやすい
  3. 行動を促す

この3つを押さえるだけで、あなたのブログの反応率は大幅にアップさせることができるのでぜひ実践してみて下さい。

今回の記事があなたのお役に立てることを願っております。

Webライティング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
コーチ塾

コーチ塾はコーチの、コーチによる、コーチのための情報メディア。コーチングビジネスを成功させる知恵を発信しています。

コーチ塾をフォローする
コーチ塾をフォローする
コーチ塾|無料EBook

あなたは、「お客様にコーチに選んでもらうために何をすればいいか分からない・・」と悩んでいませんか?

本書は、現役で活躍するトップコーチが実践実証する、クライアントを安定的に獲得し、10年先までプロコーチで活躍できる方法を学ぶことができます。

内容は、私が実際にコーチングビジネスの世界を戦う中で身に付けた『心・技・体』を体系化したもので、三部作総計142ページにも及び、詳しく解説しています。

是非、あなたのコーチングビジネスにご活用下さい。

コーチ塾

コメント